Be the lawyer-statesman

弁護士資格にとらわれず、好奇心の赴くままに

企業法務未経験でインハウスになったら

商社の法務部に転職したものの、企業法務はほぼ未経験。誰も、契約書のドラフティングやレビューの仕方を教えてくれません。

私が企業内弁護士になったころは組織も未成熟、指導体制は整っていませんでした。というより、未成熟な体制だからこそ私は採用されたのだと思います。

 

指導者がいない環境でどのように企業法務を学べばよいのか?

これは企業法務未経験で入社したインハウスにとって難しい課題です。

 

私の場合は「外部の法律事務所の弁護士から」多くを勉強させていただきました。

具体的にどのように方法を使ったかをご紹介しますので、若手の企業内弁護士の方に参考になれば幸いです。

インハウスに企業法務のプラクティスは必要ないのか?

企業内弁護士と法律事務所の弁護士とは役割が違うといわれます。

実際、大型投資案件の契約ドラフティングなどは外部の法律事務所に頼むことができます。自らドラフティングする必要はありません。

しかし、だからといって「企業内弁護士のドラフティングやリサーチのレベルが低くて良い」というのは飛躍しているし、実態とも異なります。

実際問題として、企業内弁護士はマネージャーに昇格してからも「いざとなったら切れる刀が抜ける」職人としての顔は必要です。

普段は職人の顔は隠しておいてOK。ただ、肝心なところでは、やはり自ら契約をドラフティングしたり、リサーチ結果をプレゼンして、経営陣の信頼を得ることが必要となります。

自分以外の法務部員が誰も巻き込まれてないし、外部弁護士にも頼れない、自分でやるしかない、、というケースはあります。そういった難しい局面で企業内弁護士が逃げたら一気に信用を失います。

ポジションがあがっても、いや、むしろポジションがあがればあがるほど、職人スキルを一瞬のキラメキとして発揮することを求められます。

 

企業内弁護士は「会社を動かす」ことが仕事です。

会社を動かすためには経営陣の信頼を得なければいけません。しかし、実務家としてのスキルがなければ経営陣の信頼を得られません。いざというときにバチっと決めて社内での信頼を獲得する。その積み重ねで会社を動かす影響力を手に入れることができるのです。

 

以上、まとめますとインハウス一本でキャリアを進める場合でも、まだ担当者である若いときにドラフティングスキルやリサーチスキルをしっかり身につけておくことが大事だということです。それをやるか、やらないかで、その後のキャリアが大きく変わるはずです。

 

経験を重ねれば自然に身につくのか

では企業内弁護士として経験をつめば自然とドラフティングスキルやリサーチスキルは身につくのでしょうか?

これは明確にNOであると思います。

漫然と企業内弁護士の仕事をしていたら絶対に身につきません。なぜなら、企業内弁護士のアウトプットは外部の法律事務所ほど厳しいフィードバックに晒されないからです。

法律事務所の素晴らしいアウトプットを読んでると、自分も実力がついたような気がするものです。しかし、残念ながらそれは幻想です。

大変不都合な真実として、自分で手を動かさない限り、ドラフティングやリサーチの技術は決して身につきません。

外部の弁護士からの学び方

ではどうすればよいのか?

私のなかでは「外部の弁護士との協働の過程で手を動かす」ことがおススメです。

私の場合は以下のようなことに取り組みました。

①アジェンダと議事録をつくる。

外部の弁護士と会議をする前には、誰に頼まれなくても必ずアジェンダ(相談事項メモ)を作成し、事前に弁護士に送付します。

 

そして、会議が終わったら、誰に頼まれなくても自ら議事録を作ります。その議事録は、関係者だけでなく弁護士に見てもらうと、なお勉強になります。

 

議事録をつくると自分の理解が不十分なところが浮き彫りになります。理解が怪しいと思えば弁護士に電話して教えてもらってもよいでしょう。

 

相談メモと議事録を作ることで、外部弁護士の思考過程と自分の思考過程の差分が浮き彫りになります。その差分を認識することが実力をつける第一歩です。

②外部の弁護士の仕事の一部を担当させてもらう

外部の弁護士の仕事の一部を担当することもおすすめです。

 

外部弁護士に依頼する契約のファースト・ドラフトを担当させてもらったり、外部弁護士に依頼するデューデリジェンスのチームに入れてもらって一部を担当させてもらう、というのがおススメです。

 

外部の弁護士にとってはこれは大変やり辛いと思います。だから、付き合いの深い法律事務所でなければ頼みづらい。私は上司にお願いし、付き合いの深い大手事務所のパートナーに協力していただきました。

 

実際、わたしは複数の案件でこの方法を使わせていただきました。私のファーストドラフトやデューデリジェンスレポートは、大手事務所のシニアアソシエイトにボコボコに叩かれましたが大変勉強になりました。

私が管理職になってからは、部下の新人インハウスにもこのスキームを使わせていただきました。

 

この方法はせいぜい入社2~3年目まででしか使いにくいとは思います。あと、年下のアソシエイトにボコボコに修正されても謙虚に受け止めるというのは当然の前提です。

③出向で来ている弁護士と組ませてもらう。

②と同じ趣旨でより取り組みやすいのが、出向で来ている弁護士と組ませてもらう、方法です。外部弁護士が出向で来てくれている会社であれば、若手がその弁護士と組んで難易度の高い仕事に取り組むことで大いに成長できると思います。

 

ここでありがちな失敗は、出向の外部弁護士に仕事を丸投げしてしまうというパターン。これではまったく実力がつきません。繰り返しとなりますが、手を動かさなければ実力はつきません。ファーストドラフトは自分でやるべきです。

 

自らがまずは手を動かし、その出向弁護士にレビューしてもらう。そのプロセスをとることによって一気に実力がつきます。

 

ただ、このやり方の場合は出向弁護士に手間をかけさせてしまうので、教えてもらう企業内弁護士が謙虚であることはもちろん、上司からのフォローも必要だと思います。

④社内でつかうひな形、サンプルを作成する。

社内でころがっている同種契約を集め、差分を比較し、その必要性を判断し、ひな形をつくり、サンプルを作成する。そして作ったサンプルは外部弁護士にレビューしてもらう。

こういったひな形作成の仕事は基礎体力を養ううえで極めて有効です。

この一連のプロセスを一人で取り組めば、ドラフティング・スキルが大幅に向上すること間違いなしです。

サンプルを作る仕事は、積極的に拾いましょう。

 

新卒インハウス問題

新卒でインハウスになるとスキルが身につかないとの問題提起がしばしばなされます。

これは言い過ぎだと思うけど、確かに企業内弁護士は外部弁護士に比べると自ら手を動かす機会が少ないとは思います。

また、プロからの厳しいフィードバックを受ける機会も少ないのはデメリットです。

しかしながら、新卒インハウスであっても工夫次第で一定のスキルを身に着けることは十分可能だと思います。周りは一流の弁護士ばかりなのですから、自ら求める気概さえあれば。最低限のスキルは身につくのではないかと思います。